島根県 > 島根県立男女共同参画センター あすてらす > 公益財団法人しまね女性センター > 調査・行政資料 > 男女共同参画に関する県民の意識・実態調査 >U調査の結果と分析
公益財団法人 しまね女性センタートップページ
サイトマップ

U調査の結果と分析

第3章・女性と仕事について

女性が働きにくい理由

 前問で、女性は現在「働きにくい」または「どちらかといえば働きにくい」と回答した人(550人)に対してその理由を尋ねた結果、「育児施設が近所や職場に整備されていない」(61.3%)、次いで「働く場が限られている」(60.5%)が目立って高く、これに「労働条件が整っていない」(46.7%)が続いている。
 これら上位に挙げられた項目では、男女で大きな差は見られず、こうした環境や条件の整備の遅れが、女性の働きにくさの主たる要因との共通認識が見られる。しかし、「家族の理解や協力が得にくい」については女性の方が男性よりも選択の割合が高く(女性35.6%、男性28.6%)、「結婚・出産退職の慣行がある」という項目では逆に男性の方が女性よりも多く選択しており(男性37.6%、女性23.3%)、こうした意識面に関わるような点では、男女の認識に差が見られる。(問8で「どちらかといえば働きにくい」「働きにくい」と答えた方に)

問8−1.それはどのような理由からですか。あてはまるものにいくつでも○をつけてください。(○はいくつでも)

調査結果グラフ

島根県 > 島根県立男女共同参画センター あすてらす > 公益財団法人しまね女性センター > 調査・行政資料 > 男女共同参画に関する県民の意識・実態調査 >U調査の結果と分析