島根県 > 島根県立男女共同参画センター あすてらす > 公益財団法人しまね女性センター > コンテスト入賞作品 > ジェンダー川柳 > 入賞作品
公益財団法人 しまね女性センタートップページ
サイトマップ

ジェンダー川柳 入賞作品

《大賞》 3点

女には無理と言うのも女です (北海道:平野露璃)

「主夫」と書き無職ですねと念押され (岩手県:石井實)

母が出る父の名前のPTA (島根県:竹谷享祐)

《特別賞》 小中学生の部 3点

男だけ泣けないなんて不公平栃木県:高井俊宏

お父さんたまには来てよ参観日島根県:辻ノ内祐太

黒が好き赤はきらいな女です愛媛県:大舘麻弥

《入選》 36点

泣かされてきた妻がいる成功者 (佐賀県:原峻一郎)
連れだって立つ台所狭くなり (島根県:有田義正)
妻だけがひっそり辞(や)めた社内婚 (大阪府:橋本たけし)
プロ意識持てといいつつ「ちゃん」で呼び (福岡県:香川忠雄)
大臣も育児休暇をいかがです (島根県:佐藤進)
有能の代償つめたい女(ひと)にされ (神奈川県:飯野邦江)
ピアスから茶髪へ性差なく育ち (山梨県:古屋牧男)
平等であれば要らない均等法 (神奈川県:阿部浩)
仕事より愛想(あいそ)のなさを注意され (福岡県:中尾千明)
少子化は男社会の置土産 (島根県:工道平吉)
ジェンダーを学ぶ席にも順があり (島根県:永濱哲夫)
均等法あるから面接してるだけ (神奈川県:鈴木敏夫)
厚底を女性の地位に履かせたい (神奈川県:片岡啓)
髪切れば覚えなきこと噂され (鳥取県:疋田宜子)
どれ今日も男らしさを演じるか (高知県:水田一弥)
女医と言い男医と言わぬこの社会 (群馬県:栗原英也)
第二子の育児休暇はパパが取り (島根県:森藤英子)
男風呂少し大きな旅の宿 (岡山県:岸野洋介)
黒と赤男女で決まるランドセル (島根県:石田武)
ジェンダーを言いつつ娘(こ)には古い殻 (島根県:上田享子)
「女か」の「か」の字の底にある敵意 (山口県:住友泰子)
コーヒーと言えば出てくる不仕合わせ (栃木県:野口直子)
法事の日用意されてたかっぽう着 (神奈川県:薄井敦子)
二千年やっと生まれた女性知事 (大阪府:夏田信身)
取り上げぬ女の意見なら聞くな (福井県:笹木昭)
長男が妻をさておき喪主となる (山形県:菅野真治)
張る乳に子供を思う保安帽 (島根県:白石清吉)
文化だと言えば性差も許される (栃木県:金子庸三)
家事育児男がやると偉業めき (栃木県:長澤治枝)
嫁という言葉で自分縛ってる (愛知県:高羽雅子)
子育てに新米パパも仲間入り (島根県:多久和敬子)
らしくない人にらしさを求められ (鹿児島県:石峯貞男)
オレの金オレの稼ぎだオレの家 (埼玉県:町田小織)
命令形女言葉にない不思議 (東京都:菅井ひなた)
企画部を希望したのに秘書にされ (神奈川県:中村洋子)
男にもあるのに嫉妬女偏 (東京都:布施喜夫)

 

島根県 > 島根県立男女共同参画センター あすてらす > 公益財団法人しまね女性センター >  コンテスト入賞作品 > ジェンダー川柳 > 入賞作品