島根県 > 島根県立男女共同参画センター あすてらす > 公益財団法人しまね女性センター > 調査・行政資料 > キーワード
公益財団法人 しまね女性センタートップページ
サイトマップ

キーワード

あ〜お か〜こ さ〜そ た〜と
な〜の は〜ほ ま〜も や〜よ
ら〜ろ わ〜ん A〜Z  

※その用語の先頭文字を含むインデックスをクリックすると、 用語集の対応するセクションにジャンプします。

た〜と

ディンクス DINKS
double income no kids

DINKS=double income no kidsの略。
共働きで子どもをもたない夫婦。夫婦がそれぞれ仕事をもち、自分たちの意志で子どもをもたない。経済的にゆとりを持ち、生活を楽しむことを重視したライフスタイル。

デュークス DEWKS
double employed with kids

DEWKS=double employed with kidsの略。
共働きをしながら子どもを育てている夫婦のこと。仕事と育児を両立させていくためには、夫の家事・育児への積極的な参加や社会制度や施設(育児休業や保育所等)などの上手な利用も必要になってきます。
日本においては、生涯を通じてディンクスというのは少数派で、実際には、デュークスへと移行していくケースが多くみられます。

ドメスティック・バイオレンス
domestic violence

家庭内、夫や恋人からによる女性への暴力。
夫婦間のことは私的な問題として扱う風潮、夫婦間の経済的な力関係、世間体などの壁に阻まれ、これまで表面化しにくかったのですが、女性問題の一環として、解決すべき問題となっています。
1992年には「夫からの暴力(ドメスティックバイオレンス=DV)調査研究会」により実態調査がおこなわれ、その中間報告によれば、約8割が身体的、心理的、性的暴力のいずれかを受け、3つとも受けたとする人が約5割でした。加害者の男性はあらゆる職種にわたっており、地位、学歴などには無関係に起こっています。この問題に社会的関心が高まること、避難所・相談所といった社会的制度、施設の充実などが望まれています。

 

島根県 > 島根県立男女共同参画センター あすてらす > 公益財団法人しまね女性センター > 調査・行政資料 > キーワード