島根県 > 島根県立男女共同参画センター あすてらす > 公益財団法人しまね女性センター > 調査・行政資料 > キーワード
公益財団法人 しまね女性センタートップページ
サイトマップ

キーワード

あ〜お か〜こ さ〜そ た〜と
な〜の は〜ほ ま〜も や〜よ
ら〜ろ わ〜ん A〜Z  

※その用語の先頭文字を含むインデックスをクリックすると、 用語集の対応するセクションにジャンプします。

あ〜お

アイデンティティークライシス
identity crisis

アイデンティティー(自己同一性、主体性)とは、ある個人が変化成長しながらも基本的には自分は自分であり、同一で連続しているという感覚を意味します。しかし青年期には、「自分が何なのか」などといった、自己の主体性や役割、所属がわからずに心理的に不安定な状態におちいりことがあり、このような状態をアイデンティティーの拡散、あるいはアイデンティティーの危機(identity crisis)といいます。最近では、成人した男性、女性においてもこうした危機傾向がみられます。

アサーティブネス・トレーニング
ssertiveness training

相手の立場や状況を考えて、自己を表現することを訓練する方法。
積み重なった不安、不満を上手に解消し、自己を積極的に主張するための表現方法で、アメリカで1960年代から始まりました。抑圧された存在であることの多い女性の権利の主張などに応用されます。
フェミニスト・セラピーで用いるグループカウンセリングの手法の1つでもあります。

アダルト・チャイルド(AC)
adult child of alcoholics
adult child of dysfunctinal family

アルコール依存症などアディクションのある家庭で育ったために心に病を持つ子どものことです。その家庭環境故に、幼児期から過度の緊張を強いられたり、親に十分甘えたりすることができないまま成長し、思春期になって家庭内暴力や摂食障害などといった症状になってあらわれたりすることがあります。

アディクション
addiction

「嗜癖」などと訳され、「ある習癖への耽溺」を意味します。
酒やタバコ、ギャンブルなどの常習、やめられない状態を指します。
依存症ともいえます。アルコールや薬物といった快感を引き起こす「物質」が対象になるケース、憎しみながらも離れられないとか、自己犠牲をしても尽くすといった「人間関係」に執着するケースなど様々なパターンがみられます。
このような依存からの克服のためには、「自我の確立」が重要になっています。

アファーマティブ・アクション/ポジティブアクション
affirmative action/positive action

積極的差別解消政策。
不公平な待遇を受けてきた人種的・社会的少数派の人々に対し、教育や雇用の機会を一定の比率で優先的に取り扱うなどの方策をとることによって、形式的な機会平等等よりも実質的な結果の平等をめざすための特別措置。
女子差別撤廃条約においても、この特別措置の必要を認めています。しかしあくまでも、これは暫定的なものであり、機会と待遇の平等を確保された状況下では逆差別になることも規定しています。

M字型曲線

年齢別に見た日本の女子就業率が示す特有のパターンを言います。
20歳代前半までは就業率は高く、25〜35歳の年齢層では低下します。これは結婚、出産、育児期にあたるこの時期に多くの女性が退職することを意味しています。子育てが一段落した40歳代で再び就業し、そして老年期に向かい下降します。これをグラフ化するとM字型を描くのでこのようにいわれています。

エンゼルプラン
Angel Plan

少子化時代において、子どもを安心とゆとりをもって産み育てることのできるように、教育、労働、住宅の面での条件整備などをもりこんだ政府の子育て支援総合計画。
・子育てと仕事の両立支援推進
・家庭のおける子育て支援
・子育てのための住宅及び生活環境の整備
・ゆとりある教育の実現と健全育成の推進
・子育てにかかる費用の軽減
以上の基本的方向について1994年12月文部・厚生・労働・建設の4省が合意し、またプラン具体化の一環として、厚生省は緊急保育対策等5ヵ年事業を大蔵・自治省との3省合意で決定しました。

エンパワーメント
empowerment

力をつけること。女性が政治・経済・社会・家庭などのあらゆる分野で、自分たちのことは自分たちで決め、行動できるよう能力をつけ、パワーアップしようとする概念。
エンパワーメントのために、一部分ではなく草の根の女性たちが共に手を携えて(ネットワーク化し)、連帯での行動を志向するのが特徴です。特に、女性にとって経済的な自立と、意思決定の場への参画がエンパワーメントの課題となっています。
1995年の第4回世界女性会議でも「女性のエンパワーメント」が主要課題となりました。

オルターナティブ
alternative

二者択一、代替、代案、もう一つの、代わりのなどと訳されますが、主流となっているものに対して、他の方法や物事などを用いて物事を行おうとするときなどに用いられます。(オルターナティブテクノロジーなど)
また、現在の価値を認めた上で、新たな価値観を創造するという意味もあります。
女性問題解決のための行動は、男性の視点で社会を見つめていることが主流であったのに対して、女性の視点で見つめ直すという新たな方法であり、従来の価値観から新たな価値観を創造するオルターナティブなものといえます。

 

島根県 > 島根県立男女共同参画センター あすてらす > 公益財団法人しまね女性センター > 調査・行政資料 > キーワード