島根県 > 島根県立男女共同参画センター あすてらす > 公益財団法人しまね女性センター > 調査・行政資料 > 男女共同参画に関する県民の意識・実態調査 >U調査の結果と分析
公益財団法人 しまね女性センタートップページ
サイトマップ

U調査の結果と分析

第4章・仕事と家庭生活・地域活動について

仕事と家庭・地域活動についての考え方

 仕事と家庭生活、地域活動について、男女の望ましい両立・優先の仕方を尋ねたところ、女性の望ましい生き方としては、「家庭生活または地域活動と仕事を同じように両立させる」が最も高く(45.0%)、次が「仕事にも携わるが、家庭生活または地域活動を優先させる」(27.3%)である。
 男性の生き方としては、「家庭生活または地域活動と仕事を同じように両立させる」(41.6%)が最も高率なのは女性の生き方同様であるが、それとほぼ同じ支持率で「家庭生活または地域活動にも携わるが、あくまで仕事を優先させる」(38.7%)が迫っている。男女の望ましい生き方に「男は仕事、女は家庭」の性別役割分担意識は反映されていると言える。

問9.仕事と、家庭生活または地域活動について、(1)女性、(2)男性、それぞれの生き方として、最も望ましいと思うものに1つだけ○をつけてください。(○はそれぞれ1つずつ)

(1)まず、女性の生き方についてはどうでしょうか。(○は1つ)

(2)それでは、男性の生き方についてはどうでしょうか。(○は1つ)

調査結果グラフ

島根県 > 島根県立男女共同参画センター あすてらす > 公益財団法人しまね女性センター > 調査・行政資料 > 男女共同参画に関する県民の意識・実態調査 >U調査の結果と分析