島根県 > 島根県立男女共同参画センター あすてらす > 公益財団法人しまね女性センター > コンテスト入賞作品 > 川柳を絵描こう!イラストコンテスト > 入賞作品
公益財団法人 しまね女性センタートップページ
サイトマップ

川柳を絵描こう!イラストコンテスト 入賞作品

※イラストまたはタイトル部分をクリックすると大きいサイズでご覧いただけます。

≪最優秀賞≫

イラスト

髪切れば覚えなきこと噂され

【コメント】 和紙でない紙にスミで描いてうまくいくかどうか心配だった。この川柳は、自分も思い当たり、先ず目についた。

三重県伊勢市:小田高博

≪一般の部 優秀賞≫ 2作品

イラスト

第二子の育児休暇はパパが取り

【コメント】 お父さんの育児の大変さと、それを知らない子供のすこやかな表情を描きたいなと思って描きました。育児の大変さは部屋の散らかりようで、子供のすこやかさはパステルの温かさで、猫を付け加えて家族的な部分も表現しました。

島根県平田市:荒木聡子

イラスト

泣かされてきた妻がいる成功者

【コメント】 直接的な表現の絵ではないのですが、華やかな活躍や成功をするのには見えない所で支えている人がいる、という所を描きました。

島根県大田市:奥野明実

≪小中学生の部 優秀賞≫ 1作品

イラスト

お父さんたまには来てよ参観日

【コメント】 お父さんが来てくれたとき、うれしかったし、はずかしかったよ。また、来てほしいよ。

島根県松江市:槇野裕奈

≪一般の部 入選≫ 8作品

イラスト

女には無理というのも女です

【コメント】  この川柳を読んで、パッと田中真紀子さんの、あの名言が浮かんだ。スカートを踏んでいる女性の表情に、イジワルさを出すのに苦労した。

島根県出雲市:板垣 健

イラスト

長男が妻をさておき喪主となる

【コメント】  川柳作者の創作意図を生かしながら、単なる川柳の絵解きで終わらせることなく、自分の創造をプラスすることによって、さらに面白さをアップさせるよう工夫してみました。またテーマに実感がわくよう、現代の世相を盛り込むのに苦労しました。

島根県簸川郡佐田町:渡部良治

イラスト

お父さんたまには来てよ参観日

【コメント】  お父さんとしても、子供の参観日に行きたい思いは山々なれど、この不況下、リストラ対象世代には究極の選択。もし参観に出掛けても、訳知りの子供が、それはそれで何事かと心配の種になる。

大阪府大阪市:櫛田尚宏

イラスト

子育てに新米パパも仲間入り

【コメント】  力をあわせて子育てをしている姿を描けたらな〜と、がんばって描きました。

東京都中央区:高木政史

イラスト

髪切れば覚えなきこと噂され

【コメント】  噂されている内容がすぐにわかるようにするには、どうしたら良いだろうかということに一番悩みました。髪を切ったことも表わしたかったので、こういう描き方になりました。

島根県簸川郡斐川町:八壁裕美

イラスト

らしくない人にらしさを求められ

【コメント】 女性らしさをあらわす「物」をたくさん書き込みましたが、その「物」を思い浮かべることに苦労しました。

島根県松江市:角 純二

イラスト

 

第二子の育児休暇はパパが取り

【コメント】 お父さんが、いかに嬉しそうに下の子供を育てる顔をしているか、また、どのような場面にするか、悩みました。

島根県隠岐郡西郷町:竹本里美

 

イラスト

 

男だけ泣けないなんて不公平

【コメント】 男の人の本当の姿、辛さをいかに想像させることが出来るか、寂しい感じを作るにはどうすれば良いのかを考え、たどりついた男の人の姿です。本当は泣きたいほど辛いけれど、「男なんかが泣けない」という周りの環境に男の人はじっとこらえ、たばこを吸っているのです。

兵庫県三木市:小浪周子

 

≪小中学生の部 入選≫ 該当なし

 

島根県 > 島根県立男女共同参画センター あすてらす > 公益財団法人しまね女性センター >  コンテスト入賞作品 > 川柳を絵描こう!イラストコンテスト > 入賞作品